「マリメッコ展ーデザイン、ファブリック、ライフスタイル」開催

フィンランドを代表するデザインハウス、marimekko(マリメッコ)の大規模展覧会「マリメッコ展ーデザイン、ファブリック、ライフスタイル」が、2016年12月17日(土)~2017年2月12日(日)まで、東京·渋谷区の「Bunkamura ザ·ミュージアム」にて開催されます。

マリメッコは1951年、アルミ·ラティアによってヘルシンキで創業されました。
テキスタイルデザインを学んだのち、広告代理店で経験を積んだラティアのもとへ才能あるデザイナー達が集い、優れたデザインと巧みなPR戦略によって、60年代には世界的なブランドへと成長していきます。
マリメッコが生み出す布地の柄は、多くがフィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得つつ、大胆でカラフル、抽象的なデザインでした。そうした柄の映えるシンプルなカッティングの服が高い人気を呼びます。
その後、製品は家庭用品やインテリアにまで展開され、マリメッコは今日、日本を含む世界中で絶大な人気を誇っています。

「マリメッコ展ーデザイン、ファブリック、ライフスタイル」開催

ファブリック:シィールトラプータルハ(市民菜園) / 図案デザイン:マイヤ·ロウエカリ 2009年

「マリメッコ展ーデザイン、ファブリック、ライフスタイル」開催

ファブリック:カイヴォ(泉) / 図案デザイン:マイヤ·イソラ 1964年

本展は、ヘルシンキのデザイン·ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料など、計200点以上を通して、マリメッコの60年に渡る歴史を辿り、個性溢れるデザイナーの仕事ぶりと活躍を紹介する、国内初の大規模な展覧会です。

セクション1:はじめにーマリメッコとは?
マリメッコの歴史を語るには欠かせない、大胆な色使いや柄。このセクションでは1950年代〜2000年代の象徴的な柄のファブリックが展示されます。

セクション2:マリメッコの歩み 1951ー2016
60年以上に及ぶマリメッコの歴史を辿るセクション2。ジャクリーン·ケネディに愛された1960年代、様々な製品開発により市場を拡大した70年代、その後の様々な展開を経て、世界的なブランドへと成長した現在。創業当時からの貴重なドレス、ファブリック、アクセサリーや食器などに加え、時代を創った著名デザイナーのインタビュー映像が展示されます。マリメッコの歴史上重要な役割を果たした日本人デザイナーや、ジャクリーンが実際に所有していたドレスも紹介されます。

セクション3:デザインの芸術
マリメッコのデザインはどのように生まれ、製品化されていくのか。デザイナーがデザインを描き起こしてから、ファブリックとして製品化されるまでの過程を、ヘルシンキのマリメッコ本社にあるプリント工場の貴重な映像を交えながら紹介されます。また、デザイナーが柄の構想を練る際に描いた自筆のスケッチと、実際に製品化された同じ柄が並べて展示されます。

1611marimekko04

マリメッコ展ーデザイン、ファブリック、ライフスタイル

会期:2016年12月17日(土)~2017年2月12日(日)

会場:東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura ザ·ミュージアム

時間:10:00〜19:00(入館は18:30まで)

休館日:2017年1月1日(日)

入館料:一般1,400円(前売り·団体1,200円)、大学·高校生1,000円(前売り·団体800円)、中学·小学生700円(前売り·団体500円)

http://www.bunkamura.co.jp/