カイ·ボイスン生誕130周年 笑顔が生まれるデザイン

デンマークのデザイナー、カイ·ボイスンが作った愛らしいモンキーやゾウなどの動物たち。彼の名前を知らなくてもこの木製のモンキーやゾウ、デンマーク王室の衛兵を一度は目にした方も多いはず。生誕130周年となる今年、カイ·ボイスンの特別企画展が北欧の名作家具や照明、インテリア小物などを取り扱うショールーム、「nordic form(ノルディックフォルム)」で開催されます。

カイ·ボイスンは、銀のジュエリーや食器で有名なデンマークの老舗工房Georg Jensen(ジョージ·ジェンセン)で銀細工師としての修練を積んだのち独立します。
1938年にデザインされたシンプルで美しいカトラリーは、デンマーク王室御用達としてデンマークの人々はもちろん、世界中の人々に今も愛され使い続けられています。

また「木」の素材に魅了された彼は、1930年代から木製のオブジェを制作するようになります。
“木製の動物は本物の動物の真似であってはならない”
“動物のデザイン上の線(line)は笑み(smile)にならなければならない”
とは彼の信条。

愛情溢れる眼で捉えた数々の作品は、子供はもとより、大人の「子供ごころ」をもしっかりと掴んで止みません。手で触れると、まるで命を吹き込まれたように応えてくれる動物たちに思わず癒されます。

カイ·ボイスン生誕130周年 笑顔が生まれるデザイン
カイ·ボイスン生誕130周年 笑顔が生まれるデザイン
カイ·ボイスン生誕130周年 笑顔が生まれるデザイン

新作のSPARROWS(スバロー)

カイ·ボイスン生誕130周年 笑顔が生まれるデザイン

デザイナー、カイ·ボイスン

カイ·ボイスンのデンマーク美術工芸のパイオニアとしての顔と、純真で無垢な童心を生涯持ち続けた彼の両面を確認することができる今回の企画展。
見る機会があまりないLサイズの大きなモンキーやロッキングホースなど木製の動物他約30点、カトラリーや珍しいポスター、ブランケットなどが一堂に揃います。

カイ·ボイスン生誕130周年 笑顔が生まれるデザイン

会期:2016年9月1日(木)~10月2日(日)水曜定休(祝日除く)

会場:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー5階 ノルディックフォルム

時間:10:30〜19:00

http://www.ozone.co.jp/nordicform/